スタッフブログ

高宮 将規

AdBlue満タンはいりまーす!

[2020/01/25]

スタッフ:
高宮 将規
カテゴリー:
メンテナンスTips
皆様こんにちは、メカニックの高宮です。

店長の和田から、308を購入後半年も経たずに7000km走行したとの事で、AdBlueを給油(給水?)して欲しいとの要望がありました。

AdBlueはディーゼルエンジン搭載車(BlueHDi)の触媒(排気ガスの浄化装置)へ使用し、排気ガスをクリーンにする薬品のようなもの。主な成分は尿素水…臭い…
作用としてはNOx(窒素酸化物)に効き、無害な窒素と水とに分解します。

さて、ある意味消耗品。年間のコストが気になるところです。
いくら燃費が改善されていても、AdBlueでお金がかかってしまっては意味がありません。
いったい何リットル入るの~?


最近のモデルはフューエルリッドの中に入れるところがあるので、給水が楽チンですね。
こぼす心配もありません。

ゴボゴボと吸い込まれていきます。

結果は……

約7000kmの走行で約6リットルの消費でした!


和田のペースですと、年間に18~20リットル程度使用する感じになります。
価格は変動するかと思いますが、十分燃費で相殺できる金額で収まりそうです。

参考までに…

和田号 
PEUGEOT 308SW GT Line 1500cc BlueHDi(2019)
燃費 1リッター辺り 16.6キロ
油種 軽油

高宮号
CITROEN C4 VTS 2000cc RFK(2007)
燃費 1リッター辺り 10.4キロ
油種 ガソリン(ハイオク)

流石…最近の車は……燃費が良いですね………
燃費だけでなく油種も軽油で価格が安いので、走れば走る程にお得です。
これぞ技術の進化!

あまりの違いにショックを受けましたので、今回はこの辺で。
それではまた次回にお会いしましょう。
メカニックの高宮でした。

高宮 将規

タイミングベルト交換を行ないました!

[2019/11/17]

スタッフ:
高宮 将規
カテゴリー:
メンテナンスTips
皆様こんにちは、メカニックの高宮です。
たまにはメカニックとして、ちゃんと仕事をしているところを見せなければ!
オタクな話をしているだけではいけません。本業はこちらです。(笑)

今回は今となっては懐かしの、初代C3にお乗りのお客様にタイミングベルト交換のご要望を戴きました。
ありがとうございます!

これは1600ccのエンジン、NFUですね。
この当時はまだ過給機が付いておりませんので、昔ながらの回して乗るエンジンと4速オートマチックの組み合わせ!
と思われがちですが、実際には実用的なトルクを備えているので低速でもぐいぐい走ります。

わーい たーのしー!
さて、構成部品を並べてみました。(写真は2000ccRFJ用)
タイミングベルト本体の他に、ベルトの張りを調整するテンショナー、ベルトの角度や向きを整えるアイドラプーリー。
このエンジンでは冷却水を循環させるウォーターポンプもタイミングベルトで駆動されます。

普段は見えない部品なのですが、実際に目視で確認しても劣化の度合いは非常にわかりにくく、万が一トラブルがあるとエンジンに深刻なダメージを負ってしまうデリケートな部品です。
そこで交換の目安が、エンジンによって違いはありますが70000~100000kmに一度、もしくは7~10年に一度の交換となっております。

実は作業中に新品のベルトと古いベルトを並べると、1センチ程度の長さの違いがある…なんてことも(^^;
組み上がりました!!!
これでまた元気に走ることが出来ますよ(´∀`)

なかなかエンジンの構成部品の説明となると複雑で、マニアックな話になってしまう(何を今更…)ので、ここで全てをご紹介することは叶いませんが、御興味のある方は、

「エンジンの仕組み GIF」

等で検索してみてください。
YouTubeでは動画もありますので、映像を見て戴くのがわかりやすかなと思います。


それではまた次回にお会いしましょう。
メカニックの高宮でした!

和田 謙一

ディーゼルエンジンの燃料フィルター交換

[2019/04/29]

スタッフ:
和田 謙一
カテゴリー:
メンテナンスTips
皆様 こんにちは。
今日も元気に出勤しております。
昨日、社内異動とご挨拶しましたが
元気にブログを更新しております。

さて、今日は普段の和田の系統とは少し異なり
メインテナンスの事について書いてみます。
和田は決してメカニックではありません。
スパナは持った事はありません。
普段はお箸やボールペン、スマートフォンしか
持った事がなくて・・・
という事は別にして、今日は燃料フィルター交換に
ついてご案内をしてみます。
和田号はAH01型エンジンを搭載しておりますが
距離が17,700kmとずいぶん伸びてきました。
板橋店の敏腕工場長の布川がそろそろ燃料フィルター交換
した方がいいですよ。とのアドバイスでしたので
やってみました(やってもらいました)。
明らかに白いのが使用前、明らかに黒いのが使用後です。
一般論としてガソリン車は10万km、ディーゼル車は2万kmが
交換の目安と言われています。
なぜそんな短い距離で交換をしなくてはならないのか
所説ありますが、和田の理解としては
・燃料ポンプの精度が高く細かい異物も命取りになる。
・燃料に含まれる水分を除去する必要がある。
・軽油のには潤滑油成分が含まれており粘度が高いので
 フィルターが詰まり易い。
故に短い時間で交換が必要と言われています。

そこで17,700kmの和田号で実施をしてみました。
外した使用後を見てみると中々の汚れでした。
グランドC4ピカソやスペースツアラーのオーナー様には
お勧めです。
ちなみに部品代は6,264円と交換工賃を含めると
10,000円弱の作業になりますが、年間走行距離が
10,000km前後の方であれば2年に一度の交換がお勧めです。
エンジンオイル交換などと異なり、交換を実感できる
メインテナンスではないと思いますが
不意のエンジン不調をきたさないためにも定期的な交換を
お勧め致します。
(科学的根拠はありませんがうっすらと燃費良く
ならないかな?と願っております)
当然、法定点検や車検の際に布川工場長がお勧めを
させて頂いております。
是非、皆様もお試しください。

布川 明

メンテナンスもお任せください!!

[2017/10/25]

スタッフ:
布川 明
カテゴリー:
メンテナンスTips
お車の調子はいかがでしょうか?
だんだんと冬仕度を進めている最近です。
「年の瀬も近くなってきてるし車も診てもらおうかな?」
そう思いましたら是非お越しください。

お車を常にベストコンディションに保つため、定期的な点検は欠かせません。
シトロエン正規ディーラーでは、点検の時期に合わせてより的確な点検・整備プランをご提供しております。
ご愛車の整備は、ぜひシトロエン正規ディーラーにお申しつけください。他店でお買い上げいただいたお車もOKです。また、正規ディーラー以外でお買い上げいただいたお車、お友達から譲っていただいたお車、などなど、すべてのシトロエンをお引き受け致します。


シトロエン・メンテナンスおすすめポイント

●専用故障診断機によるチェック
最新の専用故障診断機により、クルマのコンディションをすみずみまでチェック。どんな些細なトラブルも見逃しません。
 
●専用メカニックがメンテナンス
シトロエン独自のトレーニングを受け、シトロエンを知り尽くしたメカニックが、豊かな経験と高い技術により万全の安心をご提供します。
 
●高品質で信頼性の高い純正部品
交換部品には、シトロエン独自の厳格な基準を満たした、高品質で信頼性の高い純正部品のみを使用します。
 
●メンテナンス時期に応じた3つのプラン
メンテナンス時期やお客様のニーズに応じた3つのプランをご用意しています。

和田 謙一

テイクアウトできます

[2016/05/31]

スタッフ:
和田 謙一
カテゴリー:
メンテナンスTips
こんにちは、シトロエン板橋三浦でございます。

オイル定期的にみなさま、点検してますか?

今回は、オイルのご案内です
こちらの写真は4リッターボトルでございます

シトロエンオーナー様、

もちろん 
  
  ハイドロ部長

ご用命に応じて、お持ち帰り用のオイルをご用意しております。

三浦よりエンジンオイルを持ち帰りいただきました
お客様へスペシャルツールのご案内。

出張先でどうしても
オイルの補充は必要になった時は!

これ

いろんな呼び方がございました 
 
漏斗(ろうと、じょうご、英: funnel)

オイルを入れる瞬間の不安を解消
スマートに、キレイに、確実にできます。

以上、三浦からのご案内でした。



工場長は、紙で じょうご 出来るようで・・・