スタッフブログ

高宮 将規

工場日記 インテークバルブ清掃編 Ep1

[2020/05/10]

スタッフ:
高宮 将規
カテゴリー:
メンテナンスTips
皆様こんにちは、サービスの高宮です。

お久しぶりでございます。
最近は脇役として登場することはあっても、自分で記事を書いていませんでした(-_-;)

その間にC5 AIRCROSS SUVのガソリンモデルが登場したり、年末に抽選が行われたベルランゴの納車が始まっていたりと色々ありましたので、少しずつ記事にしていけたらと考えております。

もちろん、着眼点は私独自のものです(笑)

今回はインテークバルブ清掃のお話です。(またマニアックな話題です)
エンジンに空気を送り込み、かつ燃料を爆発させるときには密閉する、弁の役割を担っている部品になります。
今回作業する車種は初代C4 Piccasoです。
シトロエンの直噴式ガソリンエンジン搭載車も、走行距離であれば10万キロ近く、車齢も7~10年が経過している車両が多くなってきました。

どのメーカーでもそうなのですが、直噴エンジンを採用している車の宿命として、インテークバルブへのカーボンの堆積があります。

本来、燃焼効率や環境性能に優れたエンジンも、正常な空気が取り入れられなければ本来の性能を発揮できません。
5万キロ以上を走行していて、エンジンの調子がイマイチ?という方は、もしかするとカーボンが堆積してしまっているかも…

今回作業した車両も、こんなサイズのカーボンがゴロゴロと出てきました。
見た目からはバルブの3分の2が埋まってしまっている感じです。


どうしてこんなことになってしまうの?

直噴エンジンは直接燃焼室へ燃料を噴射できるエンジンを指します。
従来のエンジンはあらかじめインテークマニホールド内へ燃料を噴射し、それを空気と一緒に混ぜ合わせて吸気する、という方式を取っていました。

実はここに最大のメリットとデメリットがあります。

燃焼室に均質に燃料を行き渡らせ、効率よく燃焼させる性能に関しては直噴式が圧倒的に勝っています。
それがそのまま燃費や環境性能に関わってきますので、現代のエンジンでは不可欠な技術です。

次にデメリットですが、ガソリンには清浄作用があり、従来は空気と一緒に取り込むことで吸気系の自浄が期待できました。
直噴はその効果が期待できなくなってしまったことと、空気によって冷やされたインテークバルブに排気ガスが触れることで、カーボンが付着しやすくなっているという点です。

ちょうど、冷たいコップが結露するようなイメージですね。
エキゾースト側は排気ガスが熱いまま吹き抜けるので、インテーク側と違って体積はしにくいのです。

長くなってしまいましたがまだまだ続きます(笑)
それでは今回はこの辺で。次回はカーボンを除去していきます。

また次回にお会いしましょう。サービスの高宮でした。

EUROREPAR

[2020/05/10]

スタッフ:
カテゴリー:
メンテナンスTips
皆様、こんにちはシトロエン板橋で御座います。

本日はEUROREPAR(ユーロレパー)のご紹介をさせて頂きます。
ユーロレパーとは?一言で申し上げますと
メーカー管理の第2純正パーツとなります。

通常の純正パーツに比べ、価格を抑えてご提供できるので
初年度登録より3年経過のオーナー様は消耗品、
ブレーキパッドやローター、タイミングベルト等 交換の際
選択肢の一つとして検討してみるのも良いのではないでしょうか?

猛暑の夏がやってくる前に、お車のケアいかがでしょうか?

以上 シトロエン板橋でした。

猛暑前のエアコン点検

[2020/05/07]

スタッフ:
カテゴリー:
メンテナンスTips
皆様、こんにちはシトロエン板橋で御座います。

GWいかが過ごされましたでしょうか?
自粛期間中の為、毎年の帰省ラッシュニュースを見かけませんでしたね。

当店、本日より営業再開で御座います。
今日は日中汗ばむ陽気でしたが、毎年猛暑の夏前に
エアコンの動作確認されていますか?

いきなりの冷房全開は負担が大きい為、微風での使用で
慣らすのが良いかとオススメです。

以上 シトロエン板橋でした


高宮 将規

AdBlue満タンはいりまーす!

[2020/01/25]

スタッフ:
高宮 将規
カテゴリー:
メンテナンスTips
皆様こんにちは、メカニックの高宮です。

店長の和田から、308を購入後半年も経たずに7000km走行したとの事で、AdBlueを給油(給水?)して欲しいとの要望がありました。

AdBlueはディーゼルエンジン搭載車(BlueHDi)の触媒(排気ガスの浄化装置)へ使用し、排気ガスをクリーンにする薬品のようなもの。主な成分は尿素水…臭い…
作用としてはNOx(窒素酸化物)に効き、無害な窒素と水とに分解します。

さて、ある意味消耗品。年間のコストが気になるところです。
いくら燃費が改善されていても、AdBlueでお金がかかってしまっては意味がありません。
いったい何リットル入るの~?


最近のモデルはフューエルリッドの中に入れるところがあるので、給水が楽チンですね。
こぼす心配もありません。

ゴボゴボと吸い込まれていきます。

結果は……

約7000kmの走行で約6リットルの消費でした!


和田のペースですと、年間に18~20リットル程度使用する感じになります。
価格は変動するかと思いますが、十分燃費で相殺できる金額で収まりそうです。

参考までに…

和田号 
PEUGEOT 308SW GT Line 1500cc BlueHDi(2019)
燃費 1リッター辺り 16.6キロ
油種 軽油

高宮号
CITROEN C4 VTS 2000cc RFK(2007)
燃費 1リッター辺り 10.4キロ
油種 ガソリン(ハイオク)

流石…最近の車は……燃費が良いですね………
燃費だけでなく油種も軽油で価格が安いので、走れば走る程にお得です。
これぞ技術の進化!

あまりの違いにショックを受けましたので、今回はこの辺で。
それではまた次回にお会いしましょう。
メカニックの高宮でした。

高宮 将規

タイミングベルト交換を行ないました!

[2019/11/17]

スタッフ:
高宮 将規
カテゴリー:
メンテナンスTips
皆様こんにちは、メカニックの高宮です。
たまにはメカニックとして、ちゃんと仕事をしているところを見せなければ!
オタクな話をしているだけではいけません。本業はこちらです。(笑)

今回は今となっては懐かしの、初代C3にお乗りのお客様にタイミングベルト交換のご要望を戴きました。
ありがとうございます!

これは1600ccのエンジン、NFUですね。
この当時はまだ過給機が付いておりませんので、昔ながらの回して乗るエンジンと4速オートマチックの組み合わせ!
と思われがちですが、実際には実用的なトルクを備えているので低速でもぐいぐい走ります。

わーい たーのしー!
さて、構成部品を並べてみました。(写真は2000ccRFJ用)
タイミングベルト本体の他に、ベルトの張りを調整するテンショナー、ベルトの角度や向きを整えるアイドラプーリー。
このエンジンでは冷却水を循環させるウォーターポンプもタイミングベルトで駆動されます。

普段は見えない部品なのですが、実際に目視で確認しても劣化の度合いは非常にわかりにくく、万が一トラブルがあるとエンジンに深刻なダメージを負ってしまうデリケートな部品です。
そこで交換の目安が、エンジンによって違いはありますが70000~100000kmに一度、もしくは7~10年に一度の交換となっております。

実は作業中に新品のベルトと古いベルトを並べると、1センチ程度の長さの違いがある…なんてことも(^^;
組み上がりました!!!
これでまた元気に走ることが出来ますよ(´∀`)

なかなかエンジンの構成部品の説明となると複雑で、マニアックな話になってしまう(何を今更…)ので、ここで全てをご紹介することは叶いませんが、御興味のある方は、

「エンジンの仕組み GIF」

等で検索してみてください。
YouTubeでは動画もありますので、映像を見て戴くのがわかりやすかなと思います。


それではまた次回にお会いしましょう。
メカニックの高宮でした!