スタッフブログ

和田 謙一

ディーゼルエンジンの燃料フィルター交換

[2019/04/29]

スタッフ:
和田 謙一
カテゴリー:
メンテナンスTips
皆様 こんにちは。
今日も元気に出勤しております。
昨日、社内異動とご挨拶しましたが
元気にブログを更新しております。

さて、今日は普段の和田の系統とは少し異なり
メインテナンスの事について書いてみます。
和田は決してメカニックではありません。
スパナは持った事はありません。
普段はお箸やボールペン、スマートフォンしか
持った事がなくて・・・
という事は別にして、今日は燃料フィルター交換に
ついてご案内をしてみます。
和田号はAH01型エンジンを搭載しておりますが
距離が17,700kmとずいぶん伸びてきました。
板橋店の敏腕工場長の布川がそろそろ燃料フィルター交換
した方がいいですよ。とのアドバイスでしたので
やってみました(やってもらいました)。
明らかに白いのが使用前、明らかに黒いのが使用後です。
一般論としてガソリン車は10万km、ディーゼル車は2万kmが
交換の目安と言われています。
なぜそんな短い距離で交換をしなくてはならないのか
所説ありますが、和田の理解としては
・燃料ポンプの精度が高く細かい異物も命取りになる。
・燃料に含まれる水分を除去する必要がある。
・軽油のには潤滑油成分が含まれており粘度が高いので
 フィルターが詰まり易い。
故に短い時間で交換が必要と言われています。

そこで17,700kmの和田号で実施をしてみました。
外した使用後を見てみると中々の汚れでした。
グランドC4ピカソやスペースツアラーのオーナー様には
お勧めです。
ちなみに部品代は6,264円と交換工賃を含めると
10,000円弱の作業になりますが、年間走行距離が
10,000km前後の方であれば2年に一度の交換がお勧めです。
エンジンオイル交換などと異なり、交換を実感できる
メインテナンスではないと思いますが
不意のエンジン不調をきたさないためにも定期的な交換を
お勧め致します。
(科学的根拠はありませんがうっすらと燃費良く
ならないかな?と願っております)
当然、法定点検や車検の際に布川工場長がお勧めを
させて頂いております。
是非、皆様もお試しください。

和田 謙一

ご挨拶

[2019/04/28]

スタッフ:
和田 謙一
カテゴリー:
お知らせ
皆様こんにちは。
店長の和田です。

ゴールデンウイークに突入しました。
いかがお過ごしでしょうか?
さてご報告がございます。
私、和田は5/5が最終で社内異動をすることに
なりました。社内異動とは大げさなのですが
自分のデスクが社内系列店のプジョー目白に
おかれる事になりました。
実は今までもプジョー目白/シトロエン板橋を
いったりきたりしていたのですが
色々な事情があり、勤務がプジョー目白に
なる事になりました。
今までご愛顧いただきありがとうございました。
とはいっても1週間に何回かはシトロエン板橋に
いますので見つけたら声をかけて下さい。
今後はプジョー目白のブログでお会いしましょう!

最後に和田号の写真を1カット。
シトロエンではありませんがPSAつながりですので
いいですよね。

和田 謙一

レーダー探知機つけてみました。

[2019/04/13]

スタッフ:
和田 謙一
カテゴリー:
スタッフのオススメ情報
皆様 こんにちは。
店長の和田です。

今回も和田が自ら体を張って(財布を張って?)
新製品をリポートしてみたいと思います。
さて今回のお題は『レーダー探知機』です。
和田は決して決してスピードを出す派ではありませんが
最近多くなっている持ち運び式の測定器には
ほぼ無力な今のレーダー探知機には全く食指が動かず
なにかいいのはないかな?と思っていた所に
ユピテルから新製品が発売されました。
今回取付をしたのはユピテルの『Z100L』という新型です。
業界初を謳うこの新製品は光オービスのレーザーを受信する
事ができるというのが一番のポイントです。
取付位置に制約がありますが和田号には無難に取付できました。
当然の事ながら?(笑)レーダー探知機はまだ役にはたっておりません。
ここで注意をして欲しいのが電源の取り方です。
今回はご存知のOBDⅡアダプターを使用しております。
OBDⅡアダプターを使うとアイドリングストップの際に
電源が落ち、再始動すると探知機も再起動します。
OBDⅡアダプターの構造をご存知の方も多いと思いますが
スイッチの切り替えで車種ごとに使用できて、かつ
エンジン回転やスロットル開度、水温などの車両情報を
表示する事ができる優れものです。
このスイッチの切り替え情報が少なく、和田号も
とりあえず取付はしてみたもののアイドリングストップで
都度電源が落ちる状態です。この辺りはスイッチ切り替えで
対応できるのか否かを今後検証してみたいと思います。

ユピテルでは指定店モデルのみでしかOBDⅡアダプターを
使用できないとアナウンスしており、通販では
輸入車用OBDⅡアダプターが購入できないのと
通販で買ったユピテル製品はOBDⅡアダプターには
適合しないとの事でしたので購入を検討している方は
くれぐれもご注意くださいませ。

では、また。

和田 謙一

シトロエン生誕100年に思う事

[2019/03/15]

スタッフ:
和田 謙一
カテゴリー:
シトロエンについて
皆様 こんにちは。
店長の和田でございます。

ご存知の通り我がシトロエンは生誕100年と節目の
年となりました。100年とは和田の倍なので
100年前の事は書籍や写真で見るだけの事ではありますが
シトロエンディーラー勤務の間にこの100年が来る
事は大変光栄な事でもあります。

ここ数年の和田の愛車もやはりシトロエンが一番多いのですが
最近の愛車遍歴は以下の通りです。

アルファロメオ156 V6 6MT
      ↓
アルファロメオ145TS
      ↓
エグザンティアブレーク(X1)
      ↓
エグザンティアブレーク(X2)
      ↓
XMブレーク(Y3)
      ↓
国産車〇〇
      ↓
プジョー208Style
      ↓
カクタス
      ↓
DS3スポーツシック
      ↓
プジョー308SW GT 
10台の内、7台がPSAで7台の内、
5台がシトロエンでした。
一番記憶に深いのがXMブレークでした。
この当時はハイオクがリッター200円の時代で
満タンにするとなんと2諭吉という
今では考えられないくらいの状況でした。
その上、リッター5キロというスペシャル低燃費のクルマでした。
しかしながらハイドロの真髄を堪能できたクルマで
故障もほぼなく、パワーシートが調整不能になった
位のトラブルで極めて快調であった事を思いだしました。

現在は308SWとなっていますが、その時代ごとの良さが
シトロエンにはあり、いつの時代もシトロエンはシトロエンだな
と思う事も多いこの頃です。和田は決してハイドロ信奉者では
ありません。ハイドロ以外にもシトロエンの特徴はいっぱいありますから。

和田 謙一

緊急告知

[2019/02/10]

スタッフ:
和田 謙一
カテゴリー:
スタッフのオススメ情報
皆様 こんばんは。
店長の和田です。

『緊急告知』という緊張感あるタイトルで
始まりました。なにが緊急告知なのかと申しますと
この白川富志文の手元のパンフレットを見て頂くと
ここにヒントが隠されております。

名付けて
『C3限定クロスクライメート』キャンペーンを
3月24日までの期間限定で実施を致します。
今日はまだ完全に準備できていないのですが
本日2月10日~3月24日までにC3をお買い上げ
頂き、3月末日までに登録をさせて頂いたお客様に
このミシュランの新型オールシーズンタイヤ
クロスクライメートを4本1セットでプレゼントを
させて頂きます。

昨日の東京もそうでしたが、毎年2回程度降雪に悩まされますよね。
本当ならスタッドレスタイヤがいいのですが、
夏冬2セットのタイヤを用意するのもお金かかるし
場所もないしというお悩みの方も多いのではないでしょうか?
プジョーでは現行2008GT-LINEを始めオールシーズンタイヤが
標準という車種も増えつつあるのですがシトロエンでは
まだ設定がありません。そこでC3をお買い上げのお客様に
このミシュラン新型のタイヤを4本プレゼントして
こんなお悩みを解決しようという企画です。
当然、ご納車前に交換をしてお納め致します。

当店スペシャルスーパーセールス白川もお勧めの
タイヤです。ぜひこの機会にご検討下さいませ。
皆様のお越しをお待ちしております。

なお、当店デモカーのC3にも準備出来次第
このタイヤを装着して皆様にご検討頂くための試乗車を
作る予定でおります。宜しくお願い致します。