スタッフブログ

和田 謙一

Apple Carplay

[2018/10/05]

スタッフ:
和田 謙一
カテゴリー:
スタッフのオススメ情報
皆様こんにちは。
店長の和田です。

早速ですが我らシトロエンにもようやく
AppleCarplayが搭載されました。
和田は新しいモノ好きで、自身のDS3にも既に
搭載済で色々な事を試してみています。
和田はDS3なので純正ではなく
パイオニアのFH-9400DVSですがCarplay部分は
ほぼ同じですので今までの印象を少し記してみたいと
思います。

カーナビゲーションの代わりになるのかというご質問、
これは皆様の最も気になる部分と思われます。
ズバリ、和田はこれで満足ですが純正ナビの代わりには
少し厳しいと感じます。理由は
・渋滞情報の精度が低い
・迂回路の選択が難しい
・到達時間の基礎となる平均速度設定が変更できない
・GPSのみでの動作でトンネルの中では機能しない
逆に言うとこれらの部分を気にしないのであれば
十分に使用に耐えうるという事になります。
この画像はGoogleMapsを使用している際の画ですが
iPhone標準搭載のMapでは渋滞情報が一切表示されません。
渋滞情報の表示や見やすさではGoogleMapsに一日の長が
あるようですが、どちらが優れているというレベルで
はありません。また画像自体は搭載している液晶の質に
準ずるのですが9400DVSと比較をして純正のスペースツアラーの
ものも悪くはありません。
当然、これらのナビ機能では間違いなくパケット通信を
しているのですが、使用GBは未だ不明です。
和田のiPhoneのパケット通信はスタンダードな月5GBで
契約をしていますがCarplayを使うようになってから
1か月間5GBで足らなくなりました。この辺の正確な情報は
改めてお知らせして行きたいと思います。

今までのPicassoのお客様はアップデートまで
今しばらくお時間を頂いております。
大変申し訳ございません。

引き続き分かり次第色々なご案内をして参ります。

和田 謙一

C3コロラド登場

[2018/09/04]

スタッフ:
和田 謙一
カテゴリー:
ショールーム日記
皆様 こんにちは。

店長の和田です。

先週、ついにC3限定車の『CORORADO』が発表され
ショールームにも展示車が到着しました。
レザーのあしらわれた内装はデビューエディションから
先日のcafeに受け継がれたもので、C3の内装に彩りを添えて
くれています。この内装に魅力を感じて選んでくださるお客様も
多く、嬉しくなってしまいます。
和田的にはこのC3については思う事もあり、
時代の流れかなと感じる部分が多いのですが
その一番はメーターパネルと思います。

これはあくまでも私見ですが、
和田がプジョーシトロエンの仕事をするようになって
軽く10年は超えているのですが
以前はスピードメーターの表示が奇数でした。
当然現行のラインナップでも奇数のモデルはあるのですが
和田が入社した当時、この奇数表示のメーターを
不思議に思い、当時の先輩方に伺ったところ
『フランス国内のオートルートの最高速130kmもしくは
雨天時の110kmが12時の位置にきているんだ』と
言われ12時の位置に針が来ることで視認性を高めていると
説明を受けた事を思い出しました。
入社した当時にはシトロエンというと自身で乗っていた
Y3のXMブレークの事以外の最新のシトロエンの事は
良く分かっておらず、今となってはXMブレークのメーター表示は
どうなっていたかも思い出せないのですが
フランス車って色々な事を考えて作ってあるんだなと
すごく感心した事を思い出しました。
日本で乗るには当然偶数表示が望ましいのですが
世界を視野に入れてクルマを作るとこんなところも変わるんだ
とこのメーターを見て感じました。

やっぱりシトロエンが好きと感じる今日この頃でした。

和田 謙一

夏季休業について

[2018/08/11]

スタッフ:
和田 謙一
カテゴリー:
お知らせ
皆様 こんにちは。
店長の和田でございます。
暑い日が続きますがいかがお過ごしでしょうか?

シトロエン板橋は明日8/12から8/17まで夏季休業と
なります。本日は一部スタッフは休暇となりますが
店舗は通常営業させて頂いております。
新車/中古車のご案内は元より整備のご相談も
お承りしております。

本日も東京は35℃に近い気温が想定されます。
熱中症に気を付けてお過ごしくださいませ。

和田 謙一

DS3雑感

[2018/07/30]

スタッフ:
和田 謙一
カテゴリー:
プライベートダイアリー
皆様 こんにちは。
だいぶご無沙汰しております。
店長の和田です。

最近の流行りはDS3の事ですが
今回も自分のDS3についての雑感を書いてみたいと
思います。

今年の3月から乗り始めて4か月でちょうど10,000km走りました。
事前のメインテナンスもあり、特に不具合もなく毎日の酷使に
も文句を言う事もなく頑張ってくれています。
このところ仕事も忙しく洗車も買ってから僅か2回、
それもいつものスタンドに『お願いしま~す』と
自分で洗った事のない和田でした。
それでも『少し触りたいな』といつもの虫が
騒ぎはじめ、メカニックのT君に相談をしていたところ
お客様のお車でDS3パフォーマンスが入庫してきました。
そこでT君に
『これってスポーツシックに付かない?』
とフロントのリップスポイラーを指さすと
T君曰く、
『スポイラーの左右のエンドの形状が違うんです』
『それにフェンダーまでつながってますし』
とのつれないお返事。
それでも2台を見比べてみるとなんとかなりそうな感が!
エンドの形状が確かに少し違いますが
あとはDIYしかないとの雰囲気です。
けれど、いつものコンビニでもノーマルスポイラーでも
ギリギリだし。など色々考えるのも楽しいものです。
所詮、ディーラーの営業マンといえども
単純に1人のフランス車好きですし。

最近、ひしひしと感じるのは
5F02型エンジンの前期モデルと5G01型エンジンの後期モデルの
違いです。絶対的動力性能は後期モデルに軍配が上がります。
乗り比べてビックリ。2速の加速はまるで別のクルマのようです。
排気音は前期型の方が好きですし、同じ車でもキャラクターが違い
大変興味深いです。
そんなDS3もそろそろモデルチェンジ?の
噂が流れています。
今、板橋店ではDS3スポーツシックのデモアップ車両
を始め、DS3全機種を揃えて皆様をお待ちしております。
DS3カブリオ、DS3スポーツシック、DS3パフォーマンスラインMT
DS3スポーツシック和田のクルマなどDS3ファンには
堪らない店内になっております。

是非一度板橋店に遊びに来てくださいませ。

和田 謙一

温故知新

[2018/05/19]

スタッフ:
和田 謙一
カテゴリー:
シトロエンについて
皆様 こんにちは。
今日は現在入庫している偉大なる先人を
ご紹介致します。

シトロエン板橋は正規ディーラーとして運営をしておりますが
歴史のあるハイドロシトロエンもかなり入庫頂いております。
本日はたまたまいなかった2CVを始め、シトロエンの歴史を
彩る様々な車両を店内で見る事ができます。
和田は昭和42年式ですが、こう見えても色々なハイドロを
乗り継いできました。マニア的な言い方ですとX1/X2と言われる
エグザンティアや近年のハイドロの名作XMのブレークY3など
を乗り継ぎました。車内にLHMのボトルを常備するなどと言われると
ついつい『うんうん』と唸ってしまいます。
決して熱烈なハイドロ信奉者ではありませんが
シトロエンの強烈なイメージを植え付けられるきっかけに
なっています。
当然新型のシトロエンも素晴らしいクルマばかりなのですが
この時代のシトロエンがあって、今があるとしみじみ思うのです。
今のシトロエンの良さは歴史の中での数々のモデルの
良い部分を現代において新しい解釈としてそれを
具現化している事ではないのかなと思っております。
歴史が長くても時代ごとに傾向の変わってしまうクルマも
ありますが、シトロエンは傾向の変わらない唯一無二の
メーカーではないでしょうか?
少し褒めすぎかもしれませんね(笑)