スタッフブログ

和田 謙一

温故知新

[2018/05/19]

スタッフ:
和田 謙一
カテゴリー:
シトロエンについて
皆様 こんにちは。
今日は現在入庫している偉大なる先人を
ご紹介致します。

シトロエン板橋は正規ディーラーとして運営をしておりますが
歴史のあるハイドロシトロエンもかなり入庫頂いております。
本日はたまたまいなかった2CVを始め、シトロエンの歴史を
彩る様々な車両を店内で見る事ができます。
和田は昭和42年式ですが、こう見えても色々なハイドロを
乗り継いできました。マニア的な言い方ですとX1/X2と言われる
エグザンティアや近年のハイドロの名作XMのブレークY3など
を乗り継ぎました。車内にLHMのボトルを常備するなどと言われると
ついつい『うんうん』と唸ってしまいます。
決して熱烈なハイドロ信奉者ではありませんが
シトロエンの強烈なイメージを植え付けられるきっかけに
なっています。
当然新型のシトロエンも素晴らしいクルマばかりなのですが
この時代のシトロエンがあって、今があるとしみじみ思うのです。
今のシトロエンの良さは歴史の中での数々のモデルの
良い部分を現代において新しい解釈としてそれを
具現化している事ではないのかなと思っております。
歴史が長くても時代ごとに傾向の変わってしまうクルマも
ありますが、シトロエンは傾向の変わらない唯一無二の
メーカーではないでしょうか?
少し褒めすぎかもしれませんね(笑)