スタッフブログ

高宮 将規

13年目に突入しました!

[2020/02/24]

スタッフ:
高宮 将規
カテゴリー:
プライベートダイアリー
皆さんこんにちは、メカニックの高宮です。

私の愛車、C4 VTSも早いもので購入から3年が経ちました。
昨年ついに走行距離が10万キロを超え、車齢も13年目へと突入します!(増税ですトホホ…)
先日は6度目の車検を無事に終えることができ、まだまだ元気に走ってくれそうです。

しかし、この車齢になると色々とメンテナンスが必要になってきます。
各部の錆やゴムパーツの劣化…思わぬトラブルを防ぐためにも「今はまだ壊れていないから」と慢心せず、予防整備をする必要が出てきます。

予防をするにはある程度のノウハウが必要になってきますが、正規ディーラーであるシトロエン板橋なら豊富な知識でお客様のカーライフをバックアップいたします。
さてタイミングベルトです。(またタイミングベルトやってるよってツッコミはナシです。)
昨年末に10万キロを超え、1回目のタイミングベルト交換から5万キロ走行しました。
大体は7万キロ、7年くらいを目安にお勧めしておりますが…

この子の心臓は2000ccの高回転型エンジン、高回転を多用すればそれだけベルトの劣化も早い。
安心して乗る為にも…と早めの交換をすることにしました。

写真を撮り忘れていたのですが、ベルトはやっぱり伸びていました。
交換後は快調で、パワフルになった気がする!(本来の調子に戻っただけ)

長くC4を楽しむ為にも、コツコツと整備していきます。
この経験が仕事にも生きると良いですね!

それではまたお会いしましょう。
メカニックの高宮でした。

高宮 将規

シトロエンのFF~Traction avant~

[2019/09/29]

スタッフ:
高宮 将規
カテゴリー:
プライベートダイアリー
皆様こんにちは、メカニックの高宮です。

今週はドライブシャフト(エンジン&トランスミッション→タイヤへと駆動力を伝えるパーツ)の分解、ブーツ交換を行なっていました。
そこで…

「前輪駆動車の要はドライブシャフト…そしてそこに使われている等速ジョイントだ!!!」

グリースまみれでドロドロになりながらも、シトロエンの歴史を思い返しておりました。
そこで今回はドライブシャフトの整備のお話と、シトロエンの転機にもなった前輪駆動、トラクシオン・アヴァンについて触れようと思います。

少しマニアックなお話です(苦笑
画像はドライブシャフトを分解したものです。
左がトランスミッション側、右がタイヤ側。黄色枠がタイヤ側のジョイントを組み立てたものになっております。
現在はどの車両にも使われている形式で、総じて等速ジョイントと呼ばれています。

通常のジョイントではハンドルを切って角度がつくと、グワングワンと振動が出てしまうのですが、等速ジョイントであればスムーズに伝えることができます。

そこでトラクシオン・アヴァン(Traction avant)、日本語訳で「前輪駆動」という、自動車の駆動形式を指します。
実際のモデル名は、7CV、11CV、15CVといいますが、どうして前輪駆動の代名詞となるほどに革新的だったのでしょうか。
1930年頃、実は前輪駆動車(以下FF車)の優位性に気がつき、開発していたのはシトロエンだけではありませんでした。
アメリカやドイツなどで実用化され、数百台生産されたこともあります。
FF車はエンジン、ミッションを含めた全てのパーツを車両前方に設置することができるため、室内空間や荷室を広く出来ることや、生産性に優れるという点で、次世代の自動車をつくる革新的な形式だったのです。

しかし、どの車両でも課題となり、量産化に至らなかった理由は、当時の等速ジョイントは耐久性が無いという致命的な問題を抱えていたのです。

トラクシオン・アヴァンも全ての課題を克服できたわけではありませんが、優れた設計により高い信頼性を獲得しました。
FF車であることと、シトロエン独自の設計は低重心化、非常に優れた直進安定性、操縦性の良さ、室内の広さやフラットな床面に貢献します。
それらは1930年代においては極めて高い水準にあり、皆に愛され「世界で初めて量産化に成功したFF車」となりました。

シトロエンもかつては後輪駆動車(FR車)を生産していました。
そしてこの車からFFの歴史が始まり、あの伝説的なDSへと引き継がれていきます…


マニアック、というかオタク?なお話を読んでいただきありがとうございました!
整備やお買い得商品の紹介だけではなく、時々こういったお話もできれば嬉しいです。

写真の車両は、お台場のメガウェブ様にて展示されております。
ぜひご覧になって下さい。

それではまた次回にお会いしましょう!メカニックの高宮でした。

和田 謙一

DS3雑感

[2018/07/30]

スタッフ:
和田 謙一
カテゴリー:
プライベートダイアリー
皆様 こんにちは。
だいぶご無沙汰しております。
店長の和田です。

最近の流行りはDS3の事ですが
今回も自分のDS3についての雑感を書いてみたいと
思います。

今年の3月から乗り始めて4か月でちょうど10,000km走りました。
事前のメインテナンスもあり、特に不具合もなく毎日の酷使に
も文句を言う事もなく頑張ってくれています。
このところ仕事も忙しく洗車も買ってから僅か2回、
それもいつものスタンドに『お願いしま~す』と
自分で洗った事のない和田でした。
それでも『少し触りたいな』といつもの虫が
騒ぎはじめ、メカニックのT君に相談をしていたところ
お客様のお車でDS3パフォーマンスが入庫してきました。
そこでT君に
『これってスポーツシックに付かない?』
とフロントのリップスポイラーを指さすと
T君曰く、
『スポイラーの左右のエンドの形状が違うんです』
『それにフェンダーまでつながってますし』
とのつれないお返事。
それでも2台を見比べてみるとなんとかなりそうな感が!
エンドの形状が確かに少し違いますが
あとはDIYしかないとの雰囲気です。
けれど、いつものコンビニでもノーマルスポイラーでも
ギリギリだし。など色々考えるのも楽しいものです。
所詮、ディーラーの営業マンといえども
単純に1人のフランス車好きですし。

最近、ひしひしと感じるのは
5F02型エンジンの前期モデルと5G01型エンジンの後期モデルの
違いです。絶対的動力性能は後期モデルに軍配が上がります。
乗り比べてビックリ。2速の加速はまるで別のクルマのようです。
排気音は前期型の方が好きですし、同じ車でもキャラクターが違い
大変興味深いです。
そんなDS3もそろそろモデルチェンジ?の
噂が流れています。
今、板橋店ではDS3スポーツシックのデモアップ車両
を始め、DS3全機種を揃えて皆様をお待ちしております。
DS3カブリオ、DS3スポーツシック、DS3パフォーマンスラインMT
DS3スポーツシック和田のクルマなどDS3ファンには
堪らない店内になっております。

是非一度板橋店に遊びに来てくださいませ。

和田 謙一

DS3に代えてみました。

[2018/04/28]

スタッフ:
和田 謙一
カテゴリー:
プライベートダイアリー
皆様 店長の和田謙一です。
すみません。少しご無沙汰をしてしまいました。
さてC4カクタスオーナーでありました和田でしたが
先日DS3に乗り換えを致しました。

社員といえども所詮1人のシトロエンファンです。
日々、色々なクルマに囲まれていると様々な感情が
渦巻いてきます。
この1台は平成24年12月登録の車両で当時和田が新車で
お買い上げ頂いた1台です。認定中古車で販売した後に
また戻って来た事をきっかけにして何か使命感みたいな
ものが沸いてきましてオーナーになる事を決めました。

さて、実際に自分で乗る事を考えると色々な部分に
手を入れたくなります。現状、調子が悪い訳ではなかった
のですが、先を見越して
・タイミングチェーン交換
・高圧燃料ポンプ交換
・クラッチオーバーホール
・前後ノンダストブレーキパッド
・タイヤ交換
・イグニッションコイル/スパークプラグ交換
と作業を実施しました。
これらの消耗品はいつかは交換なのですが
やっぱりスッキリします。
合わせてインテークポート清掃/カーボン除去も
実施、見違えるようになりました。

今回、チェックポイントはタイヤです。
タイヤはだいぶ悩みましたが
チョイスしたのは最近流行りのアジアンタイヤ
『KENDA』のKR30です。
この205/45R17は選択肢が限られておりまして
なんでもかんでもという訳にはいかないのですが
お客様からも『最近のアジアンタイヤ』ってどう?
というご質問も多々あり、少し試してみようと思いました。
和田は見かけは武闘派?ですが運転は非常に穏やかなので
とにかく静かなタイヤを狙いました。
このタイヤのご報告は改めてさせて頂きますが
性能自体はもう少しかなと思います。
しかし価格を考えると上出来という結論に
達します。

普段は新車販売をメインに仕事をしておりますが
やっぱり中古車は中古車としての楽しさがありますね。
DS3は随時、ブログに登場しますので
楽しみにお待ち下さい。

ではでは。

鈴木 誠侍郎

夏休みのひと時 ~Cafe Goos~

[2012/08/17]

スタッフ:
鈴木 誠侍郎
カテゴリー:
プライベートダイアリー
セールススタッフの小松です。

夏休みも昨日までで、本日より元気に出社しております。

いつも夏休みは家族で妻の実家へ行くのですが、その帰りに駒ヶ根の「Cafe Goos」さんに寄ってきました。
オールドシトロエンオーナーさんなら殆どの方が知っているだろうこのCafe Goosさん。
実は妻が学生時代にバイトをしていたお店なのです。
結婚当初の帰省時などは寄っていたのですが、子供も生まれバタバタしていてなかなかお店にいく機会もなくなっていました。
しかし今シトロエンの販売をしているのも何かの縁かな~と思い、久しぶりに顔を出させていただきました。
ゆったりとした時間が流れています・・・

妻も久しぶりにマスターと奥様に挨拶が出来、子供たちは美味しいデザートに舌鼓を打ち、帰京前に楽しいひと時を過ごすことが出来ました。
車達にはとても居心地の良さそうなスペースですね。
こんな状態の良いDS(DS21 Pallas)は滅多に見ることはないでしょう。
お店の看板代わり?の「H 1600」。

こんな素敵な車に会うことが出来ます。
駒ヶ根方面に出掛ける機会があれば是非寄ってみてください。

ちなみに小松のお勧めはコーヒーゼリーです。
とっても美味しいですよ。
テーブルに到着と同時に手を出してしまったので写真はありません・・・


ちょっと更新が滞っているようですが、お店のWEBは
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓こちらです↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓