スタッフブログ

和田 謙一

ディーゼルエンジンの燃料フィルター交換

[2019/04/29]

スタッフ:
和田 謙一
カテゴリー:
メンテナンスTips
皆様 こんにちは。
今日も元気に出勤しております。
昨日、社内異動とご挨拶しましたが
元気にブログを更新しております。

さて、今日は普段の和田の系統とは少し異なり
メインテナンスの事について書いてみます。
和田は決してメカニックではありません。
スパナは持った事はありません。
普段はお箸やボールペン、スマートフォンしか
持った事がなくて・・・
という事は別にして、今日は燃料フィルター交換に
ついてご案内をしてみます。
和田号はAH01型エンジンを搭載しておりますが
距離が17,700kmとずいぶん伸びてきました。
板橋店の敏腕工場長の布川がそろそろ燃料フィルター交換
した方がいいですよ。とのアドバイスでしたので
やってみました(やってもらいました)。
明らかに白いのが使用前、明らかに黒いのが使用後です。
一般論としてガソリン車は10万km、ディーゼル車は2万kmが
交換の目安と言われています。
なぜそんな短い距離で交換をしなくてはならないのか
所説ありますが、和田の理解としては
・燃料ポンプの精度が高く細かい異物も命取りになる。
・燃料に含まれる水分を除去する必要がある。
・軽油のには潤滑油成分が含まれており粘度が高いので
 フィルターが詰まり易い。
故に短い時間で交換が必要と言われています。

そこで17,700kmの和田号で実施をしてみました。
外した使用後を見てみると中々の汚れでした。
グランドC4ピカソやスペースツアラーのオーナー様には
お勧めです。
ちなみに部品代は6,264円と交換工賃を含めると
10,000円弱の作業になりますが、年間走行距離が
10,000km前後の方であれば2年に一度の交換がお勧めです。
エンジンオイル交換などと異なり、交換を実感できる
メインテナンスではないと思いますが
不意のエンジン不調をきたさないためにも定期的な交換を
お勧め致します。
(科学的根拠はありませんがうっすらと燃費良く
ならないかな?と願っております)
当然、法定点検や車検の際に布川工場長がお勧めを
させて頂いております。
是非、皆様もお試しください。