スタッフブログ

和田 謙一

中古車のご紹介

[2020/05/14]

スタッフ:
和田 謙一
カテゴリー:
スタッフのオススメ情報
皆様 統括マネージャーの和田です。
いつもシトロエン板橋のスタッフブログを
ご覧頂きましてありがとうございます。

さて、毎度で恐縮ではございますが
一押しの中古車のご紹介をさせて頂きます。
お察しの通りの和田号ですが
車両チェンジの関係もあり中古車として
ご紹介をさせて頂く事になりました。
販売店舗は弊社のネットワークで
お買い求め頂く事が可能ですが
展示はシトロエン板橋併設の
プジョー板橋アプルーブドサイトにて
展示をさせて頂いております。
既にカーセンサーネットにはアップ済です。
何卒よろしくお願い申し上げます。

車両詳細は以下の通りです。
令和元年9月20日登録
プジョー308SWブラックパック
DV5 1,5ターボディーゼルです。
禁煙車両、修復歴無し
ボディコーティング施工済
ETC車載器装備です。
ナビゲーションシステムは非搭載ですが
日頃CarPlayを使用しております。
走行距離は本日5/14現在で25,500㎞です。
ユピテルのフロント1カメラドライブレコーダー付
フロントスピーカーはオプションの
パイオニア製TS1710に変更をしております。
メインテナンスプログラムシンプルプラン付帯済
現在まで計3回のエンジンオイル交換とエレメント交換
を実施済、故障履歴はありません。
リアの左右ウインカーランプ以外は全て
LEDバルブに変更しております。
特筆すべきは、レザーパッケージを搭載して
いる事でこれはブログで複数回にわたり
ご紹介しておりますが、後期型には未設定の
ナッパレザーシートと電動のランバーサポート
シートヒーターを搭載しております。
私達ディーラーはプリプロダクションと
呼称しております『設定外仕様車両』という
クルマでカタログには一切記載がありません。
同時期に3台だけひっそりと導入されました。
パノラミックガラスルーフ搭載車で
レザーパッケージという組み合わせは
日本国内に3台のみという車両です。
この写真の通りKAROのトランクマットを
載せておりますが、同時にお引渡しを
させて頂きます。

車両本体価格289万円、消費税込み
登録諸費用別です。
全国ご納車可能です。
何卒よろしくお願い申し上げます。
それでは。

和田 謙一

緊急事態宣言に伴う営業について。

[2020/04/09]

スタッフ:
和田 謙一
カテゴリー:
お知らせ
お客様 皆様
日頃よりシトロエン千葉をご愛顧いただき誠にありがとうございます。

2020年4月7日に政府より緊急事態宣言がを発出されました。
弊社タジマモーターコーポレーションではプジョー/シトロエン全店で
自動車ディーラーの使命を鑑み、交通インフラの一端を担う業種と考え
通常営業をさせて頂く事と致しました。当然の事ながら今後地方自治体
より店舗休業の指示が発令された、もしくは店舗スタッフに罹患者が
発生した場合はご報告の上、休業もしくは変更させて頂く場合が
ございます。お客様の安全を第一に考え営業をして参ります。
営業日・定休日に変更はございません。

また、以下の予防措置を行なっております。

■弊社スタッフについて
・スタッフは、毎朝検温を行い報告を義務付けております。
37.5度以上の場合は出勤を禁止しております。
・スタッフは就業前およびお客様との打ち合わせの前に必ず、
それ以外にも複数回石鹸での手洗いを実施しております。

■ショールーム、試乗車について
・ショールームの営業時間内は、定期的にドアを開け、
 換気を行っております。
・お客様との打ち合わせでは、1.5mの距離を保ち、
 お話しさせていただいております。
・お客様へのお飲み物の提供は原則中止をさせて頂いております。
 もしご希望のお客様は個別にご相談下さい。
・ご試乗前に試乗車の換気を5分以上行っております。
 また雨天・荒天時以外は、車内の窓を2か所以上開けて
 ご試乗いただいております。
・お客様には、ご試乗後、またご希望の際はいつでも、
 石鹸での手洗いのご案内をしております。

【お客様へお願い】

ショールーム内での混雑を避けるため、
可能な限りご来店予約をお願いしております。
ご来店を希望される方は当店までお電話いただきますようお願いします。

また、ご来場時及びご試乗時の手洗いをお願いし、
新型コロナウイルスの拡散リスクを下げて参りますので、
ご理解とご協力を重ねてお願い申し上げます。

今後も、状況を鑑みながらの対応をさせていただく予定でございます。
お客様にはご不便をお掛けすることもあるかと存じますが、
何卒ご理解ご協力賜りますようお願いいたします。

株式会社タジマモーターコーポレーション
プジョーシトロエン営業責任者
和田 謙一

和田 謙一

2CVは通勤の足となりえるか?②

[2020/02/23]

スタッフ:
和田 謙一
カテゴリー:
シトロエンについて
さてさて皆様こんにちは。

マネージャーの和田です。
前回に引き続き『2CVは通勤の足となりえるか?』
と題して多方面からの2CVについての印象を
記してゆきたいと思います。


前回は夜12時過ぎに会社を出て・・・と
いうところまででした。
特に問題もなく行程を終了しました。
2CVの大ファンの皆様には
『そんなこと知ってます・・・』という内容で
はありましたが数々のシトロエンを
体験していても2CVを長い時間乗る事が
なかった和田にとっては新鮮な体験ばかりです。

さてそうこうしているうちに朝になり
出勤の時間となりました。
当日の外気温は6℃で激寒ではありません。
当然、暖機が必要でチョークを引いて
スターターを回します。
この2CVは機関は良好なので
俗に言う『セル一発』で始動します。
暖機運転は概ね5分程度、チョークを
戻してもストールしない事を確認して
スタート致します。
流石に朝は交通量も多く、快調な流れとは
いえません。それでも健気に走ります。
ブレーキが当然の事ながらノンサーボなので
車間をあけないと怖い思いをしますが
それ以外は順調です。
それにしても朝の通勤ルートには
2CVは全く似合いません。
注目度断トツで視線が痛くてたまりません。

そうこうしている内に渋滞です。
渋滞になると様相が変わります。
クラッチミートは問題ないのですが
低回転のレスポンスに変化が訪れます。
アイドリングも少し不安定になって
きました。元々キャブレター調整は実施済では
ありますが渋滞は得意ではないようです。
渋滞のルートが微妙な坂で発進時に
非常に気を遣います。

パワーがない事で咄嗟の車線変更は難易度が
高く、先読みの必要な運転が求められます。

やっと会社に到着しました。
人間の体力が必要な事がよくわかりました。
パワーステアリングでない事は問題ない
のですが、予想より小回りが利かず
裏道の往来に気を遣います。

ここで結論ですが、
2CVは十分に通勤に使えるか否かは
『十分に使える』となりました。
但し、ルートを選ぶ必要があったり
渋滞を避ける工夫、例えば出発時間を変えるとか
の配慮が必要不可欠と感じました。

けれど50年以上前の祖先を持つこの車が
現代の道でも十分に走行ができる事が
大きな驚きでもありました。
やはりシトロエンは偉大であると実感をした
次第です。今回この2CVを和田が購入するか否かは
少し考えます。少しもったいないなと感じました。
それではまた。

和田 謙一

2CVは通勤の足となりえるか?

[2020/02/18]

スタッフ:
和田 謙一
カテゴリー:
シトロエンについて
皆様 こんにちは。
マネージャーの和田でございます。
少し間が空いてしまいました。
誠に申し訳ございません。

さて、今日は少し系統の違う話をして
みたいなと思います。
この写真は皆様良くご存じの2CVです。
シトロエンファンの方には説明不要の名車です。
実はこの個体はあるお客様よりお預かりした
車両です。2月の初旬に車検でご入庫を頂いた
のですが、マフラーのフロント側よりの排気漏れや
フレームの劣化による著しい錆の発生で
車検を断念された車両をお預かり致しました。

シトロエン板橋は最新の車両のみならず
これらの諸先輩方の整備もお引き受けして
おり2CV、DS23、Xantia等々の名車も入庫を
します。この2CVはそんな中の1台でした。
当然、この1台に和田は反応しました。
『2CVは通勤に使えるのか?』という
素朴な疑問とこの車両を何とか復活させられないか?
と2つの思いが交錯をしました。
かと言って、実際に車検を通して整備を
して悪い部分をリフレッシュすると
余裕で50万円以上の出費を覚悟せねばなりません。
和田の手元にはすでに308SWという先住車が
あり、2台を手元におけるほどリッチマンでは
ありません。

しかーし、とりあえず乗って見ないと分からない
という事もあり、通勤を試して見る事にしました。
和田は当然2CVは初めてではありません。
若かりし30代のころに黄色の『Club』を真剣に
検討をした事もありました。
その頃は『Club』と『Special』の違いも判らず
ただ2CVが欲しいという純粋な思いであった事を
思い出しました。

その夜、仕事を終えて会社を2CVで出発しました。
とりあえず夜なので交通量も少なく、快調に走ります。
環七通りの陸橋が4速では登れず、3速に落とさないと
ダメという事くらいで順調に走ります。ここで
気が付いた事をいくつか羅列します。

・当然メーター周辺のスイッチ類に照明など
 なくワイパースイッチの位置がわからない。
・微妙な雨の量だとON/OFFしかないワイパーの
 制御が難しい。しかもスピード調整ができず
 煩わしい。
・ドアミラーの視界が狭く、車線変更時は
 目視が必須。
・60KMくらいの速度はすぐ出る。周辺の交通の邪魔には
 ならない。
・一番の難点は注目度が高い事、明らかに並走して
 見られている。そりゃそうですよね。
 夜の12時を回って走っている2CVなんて
 いませんよね?
・回転半径が非常に大きい。308SWなら切り返しが
 必要ない車庫入れでも2回余計に切り返しが必要。
・当たり前ですが、暖機運転が必要です。
 チョークを引いてエンジンを始動します。
 寝坊の場合は要注意!いきなり出発はできません。

という事を考えながら自宅に到着をしました。
夜間の走行は意外と問題なくこなせた事が驚きでした。
さてさて翌朝はどうなのか?渋滞の中を走れるのか?
と心配事はつきません。1つ分かった事はメカニカル部分の
調子が万全であったとしても不安がつきないのと
人間の体力が必要なクルマという事は
十分に理解できました。

さてさて検討は続きます。
この後の話は次回へ持ち越します。
それでは。

和田 謙一

『ガレット・デ・ロワ』ニューイヤーイベント

[2020/01/09]

スタッフ:
和田 謙一
カテゴリー:
イベント・キャンペーン
皆様 こんばんは。
店長の和田です。
改めて本年も宜しくお願い致します。

さて今週末の『お年玉キャンペーン』に
ついては、営業の白川がご案内をさせて頂き
ましたが、それとは別のハートフルな
イベントが今週末の1/11と1/12の両日に
予定されています。
皆様ご存じのガレット・デ・ロワで
フランスの公現祭の日に食べるお菓子です。
中にフェーブを入れて楽しんで頂くものです。
今回はシトロエン特製のフェーブを
別にご用意しております。

両日共に先着10名様にお楽しみ頂けるように
ご用意をさせて頂きました。
ぜひ新年早々に幸運を引き寄せるべく
シトロエン板橋にお越しくださいませ。
皆様のご来店お待ちしております。