スタッフブログ

高宮 将規

工場日記 インテークバルブ清掃編 Ep1

[2020/05/10]

スタッフ:
高宮 将規
カテゴリー:
メンテナンスTips
皆様こんにちは、サービスの高宮です。

お久しぶりでございます。
最近は脇役として登場することはあっても、自分で記事を書いていませんでした(-_-;)

その間にC5 AIRCROSS SUVのガソリンモデルが登場したり、年末に抽選が行われたベルランゴの納車が始まっていたりと色々ありましたので、少しずつ記事にしていけたらと考えております。

もちろん、着眼点は私独自のものです(笑)

今回はインテークバルブ清掃のお話です。(またマニアックな話題です)
エンジンに空気を送り込み、かつ燃料を爆発させるときには密閉する、弁の役割を担っている部品になります。
今回作業する車種は初代C4 Piccasoです。
シトロエンの直噴式ガソリンエンジン搭載車も、走行距離であれば10万キロ近く、車齢も7~10年が経過している車両が多くなってきました。

どのメーカーでもそうなのですが、直噴エンジンを採用している車の宿命として、インテークバルブへのカーボンの堆積があります。

本来、燃焼効率や環境性能に優れたエンジンも、正常な空気が取り入れられなければ本来の性能を発揮できません。
5万キロ以上を走行していて、エンジンの調子がイマイチ?という方は、もしかするとカーボンが堆積してしまっているかも…

今回作業した車両も、こんなサイズのカーボンがゴロゴロと出てきました。
見た目からはバルブの3分の2が埋まってしまっている感じです。


どうしてこんなことになってしまうの?

直噴エンジンは直接燃焼室へ燃料を噴射できるエンジンを指します。
従来のエンジンはあらかじめインテークマニホールド内へ燃料を噴射し、それを空気と一緒に混ぜ合わせて吸気する、という方式を取っていました。

実はここに最大のメリットとデメリットがあります。

燃焼室に均質に燃料を行き渡らせ、効率よく燃焼させる性能に関しては直噴式が圧倒的に勝っています。
それがそのまま燃費や環境性能に関わってきますので、現代のエンジンでは不可欠な技術です。

次にデメリットですが、ガソリンには清浄作用があり、従来は空気と一緒に取り込むことで吸気系の自浄が期待できました。
直噴はその効果が期待できなくなってしまったことと、空気によって冷やされたインテークバルブに排気ガスが触れることで、カーボンが付着しやすくなっているという点です。

ちょうど、冷たいコップが結露するようなイメージですね。
エキゾースト側は排気ガスが熱いまま吹き抜けるので、インテーク側と違って体積はしにくいのです。

長くなってしまいましたがまだまだ続きます(笑)
それでは今回はこの辺で。次回はカーボンを除去していきます。

また次回にお会いしましょう。サービスの高宮でした。

高宮 将規

意外なことに新車は綺麗じゃない?

[2020/03/12]

スタッフ:
高宮 将規
カテゴリー:
シトロエンについて
皆様こんにちは、サービスの高宮です。

シトロエンの車たちはフランスやスペイン等、様々な国で組み立てられています。
長い時間を船の上で過ごし、やっと日本へとやって来るのです。

車を運ぶ巨大な船の内部に格納されるので、海風に吹かれながら旅をするわけではないのですが、それでも我々のところに届く頃にはなかなか汚れてしまっている事が多いのです(^^;
お客様のもとへ嫁ぐ前に、新車に相応しいコンディションへと仕上げる事も我々メカニックの仕事であったりします。

今日も僕の隣ではメカニックの佐藤君がこれから納車される車両を磨いています。
それはそれは黙々と…

彼はもともとC5(X7、最後のハイドロアクティブ搭載車)が好きだそうで、「ハイドロ好きなの?」と訊いてみた事があります。
しかし返ってきた答えは「いいえ」。佐藤君はシトロエンのデザインに惹かれているそうで、C5セダンの美しいボディラインが好きなのだとか。

なるほど、純粋に見た目が好きって大切な事です。

車を詳しく知れば知るほど凝った機構だとか独自の技術等に目が行きがちですが、元々は「一目惚れ」だったりしますよね。
好きな理由なんて、「格好良い」とか「可愛い」、「楽しい」なんて簡単な理由で良いのかも?
少しハッとした出来事でありました。

もしお話しする機会があれば、貴方の愛車の好きな所を教えてください!

それではまた次回でお会いしましょう。
サービスの高宮でした!

高宮 将規

CITROEN ami ってどんな車?

[2020/03/07]

スタッフ:
高宮 将規
カテゴリー:
スタッフのオススメ情報
皆様こんにちは、サービスの高宮です。

先日発表されたami、100%の電気自動車で2人乗り、非常にコンパクトな車となっています。
シトロエンフランスのホームページ( https://www.citroen.fr/ )を見てみると、
・3時間で充電が完了
・70kmの走行が可能
というところが売りのようです。

最高速度は45km/h、フランスでは14歳から運転が可能(欧州の諸外国では16歳から)という車です。
日本でいうところのマイクロカーに該当する車で、都市部ではこれから需要が増えてくるだろうと言われているジャンルですね。

すでに日本でも様々なメーカーが開発に乗り出しており、重来の大きなメーカー以外も参入できるカテゴリーとして関心が高まっています。
シトロエンフランスのホームページ( https://www.citroen.fr/ )ではコンフィギュレーター含め様々な情報を見ることが出来るので、興味がある方はご覧になってみてください。
ただ、日本への導入の予定は今のところ無さそうですが…

個人的な感想になりますがプラスチック?の外装は程よく先進的で、しかしレトロな印象も受けます。
昔の人が思い描いた未来の車、そんな印象を受けました。
これって本当にシトロエンらしい事だと思うのです。

斬新なだけでは近寄りがたい印象を与えてしまいますが、きっとamiならヨーロッパの街に溶け込み、彩りを添えるのだろうなと想像できます。

ところで、窓の開け方が上下半分で折り畳む機構なのでしょうか…?
2cvのDNAを感じますね。
こちらは初代Ami、Ami6です。
2cvの上級車でDSの下、中間のグレードとして1961年にデビューしました。
602cc空冷水平対向2気筒を搭載、なんといっても特徴的なのはリアガラスが逆に反っている「クリフカット」というデザインです。
車格に対して屋根を大きくする事ができ、小さい車にありがちな閉塞感を緩和することが出来ます。
日本車ですと、マツダさんのキャロルが採用していましたね。

http://www.citroenorigins.jp/ja/cars/ami-6

シトロエン100周年の特設ホームページにて詳しく見る事ができますので、どんな車なのか是非ご覧になってみて下さい。

奇抜なデザインをしているようで、実は堅実な車です。
そんなところがやっぱりシトロエン(笑)

それではまた次回にお会いしましょう。
サービスの高宮でした。

高宮 将規

13年目に突入しました!

[2020/02/24]

スタッフ:
高宮 将規
カテゴリー:
プライベートダイアリー
皆さんこんにちは、メカニックの高宮です。

私の愛車、C4 VTSも早いもので購入から3年が経ちました。
昨年ついに走行距離が10万キロを超え、車齢も13年目へと突入します!(増税ですトホホ…)
先日は6度目の車検を無事に終えることができ、まだまだ元気に走ってくれそうです。

しかし、この車齢になると色々とメンテナンスが必要になってきます。
各部の錆やゴムパーツの劣化…思わぬトラブルを防ぐためにも「今はまだ壊れていないから」と慢心せず、予防整備をする必要が出てきます。

予防をするにはある程度のノウハウが必要になってきますが、正規ディーラーであるシトロエン板橋なら豊富な知識でお客様のカーライフをバックアップいたします。
さてタイミングベルトです。(またタイミングベルトやってるよってツッコミはナシです。)
昨年末に10万キロを超え、1回目のタイミングベルト交換から5万キロ走行しました。
大体は7万キロ、7年くらいを目安にお勧めしておりますが…

この子の心臓は2000ccの高回転型エンジン、高回転を多用すればそれだけベルトの劣化も早い。
安心して乗る為にも…と早めの交換をすることにしました。

写真を撮り忘れていたのですが、ベルトはやっぱり伸びていました。
交換後は快調で、パワフルになった気がする!(本来の調子に戻っただけ)

長くC4を楽しむ為にも、コツコツと整備していきます。
この経験が仕事にも生きると良いですね!

それではまたお会いしましょう。
メカニックの高宮でした。

高宮 将規

AdBlue満タンはいりまーす!

[2020/01/25]

スタッフ:
高宮 将規
カテゴリー:
メンテナンスTips
皆様こんにちは、メカニックの高宮です。

店長の和田から、308を購入後半年も経たずに7000km走行したとの事で、AdBlueを給油(給水?)して欲しいとの要望がありました。

AdBlueはディーゼルエンジン搭載車(BlueHDi)の触媒(排気ガスの浄化装置)へ使用し、排気ガスをクリーンにする薬品のようなもの。主な成分は尿素水…臭い…
作用としてはNOx(窒素酸化物)に効き、無害な窒素と水とに分解します。

さて、ある意味消耗品。年間のコストが気になるところです。
いくら燃費が改善されていても、AdBlueでお金がかかってしまっては意味がありません。
いったい何リットル入るの~?


最近のモデルはフューエルリッドの中に入れるところがあるので、給水が楽チンですね。
こぼす心配もありません。

ゴボゴボと吸い込まれていきます。

結果は……

約7000kmの走行で約6リットルの消費でした!


和田のペースですと、年間に18~20リットル程度使用する感じになります。
価格は変動するかと思いますが、十分燃費で相殺できる金額で収まりそうです。

参考までに…

和田号 
PEUGEOT 308SW GT Line 1500cc BlueHDi(2019)
燃費 1リッター辺り 16.6キロ
油種 軽油

高宮号
CITROEN C4 VTS 2000cc RFK(2007)
燃費 1リッター辺り 10.4キロ
油種 ガソリン(ハイオク)

流石…最近の車は……燃費が良いですね………
燃費だけでなく油種も軽油で価格が安いので、走れば走る程にお得です。
これぞ技術の進化!

あまりの違いにショックを受けましたので、今回はこの辺で。
それではまた次回にお会いしましょう。
メカニックの高宮でした。